【香典の金額】立場ごとの相場を解説


葬式のマナー.com
本文へジャンプ
葬式のマナー.comのトップページへ

訃報
訃報を聞いたら

弔電
弔電の送り方
弔電の文例

喪服
男性の喪服
女性の喪服
子供の喪服
赤ちゃんの喪服

香典
マナー
金額
袋の種類
書き方
金額の書き方
ふくさの作法
郵送の作法

弔辞
マナー
文例

供花と供物
供花のマナー
お葬式の花
供物とは
法事の供物

受付
葬儀の受付でのマナー

仏式のお通夜
マナー
香典
金額
服装

数珠
参列

仏式の告別式
告別式とは
マナー
香典
電報
服装
お花
参列
作法
受付
焼香
挨拶

葬儀の帰宅後
お葬式の塩の作法



>【香典の金額】立場ごとの相場を解説

香典の金額について


香典の金額について
こちらのペ−ジでは、

1.香典の金額
2.偶数について
3.親族、友人、友人の親の相場
4.会社の関係者への相場
5.香典袋の中袋の書き方
6.金額の書き方
7.筆記具の選び方

について解説しています。


☆故人との関係や立場で判断する

 

 会葬返礼品、通夜ぶるまいの膳、香典返しを遺族が負担すると考えると、ひとりあたり最低5千円をめやすとし、次の点に留意してください。

 

◆故人が近親者や親友の場合は多めに。

 

◆故人が所帯主や一家の中心的存在だった場合は多めに。

 

◆自身が肩書きのある立場なら多めに。

 

◆地方・地域による慣例を考慮する。

 

◆自分と同じような立場の人と相談して決めてもよい。

 

 

☆偶数について

 

 かつては「奇数は吉、偶数は凶」といわれ、不祝儀の金額を偶数にしたり、祝儀でも「4(死)」「9(苦)」の数字を忌み嫌ったりする習慣がありましたが、現在はあまり気にされなくなりました。

 

 

☆親族、友人、友人の親の相場について

 

香典を贈る場合の金額の目安です。故人との関係や立場により、若干金額が変わってきますのでご注意ください。

 

故人との関係・・・金額の相場

 

祖父母・・・1万〜3万円

 

両親・・・5万〜10万円

 

兄弟姉妹・・・3万〜5万円

 

おじ・おば・・・1万〜3万円

 

そのほかの親戚・・・1万〜2万円

 

知人・友人・またその家族・・・3千〜5千円

 

隣近所の人・・・2千円〜

 

 

☆会社の関係者への相場について

 

勤務先の関係者・・・5千〜1万円

 

仕事上の関係者・・・5千〜1万円

 

 

☆中袋の書き方:表側と裏側

 

表側:中央に金額を書きます。ただし、市販のもので金額の記入欄がある場合はそこに書きます。算用数字ではなく、漢字を用いましょう。

 

裏側:住所と氏名を書きます。こちらも記入欄があればそこに書きます。

 

中袋の書き方

 

 

☆金額の書き方:千円、一万円、也

 

 金額は漢数字で書きます。表記は正式でも略式でも構いません。

 

 金額の下に「也」は書きません

 

 

正式・・・略式

 

金 伍阡圓・・・金 五千円

 

金 壱萬圓・・・金 一万円

 

金 弐萬圓・・・金 二万円

 

金 参萬圓・・・金 三万円

 

金 伍萬圓・・・金 五万円

 

金 拾萬圓・・・金 十万円

 

 

☆金額の書き方:「毛筆」か「筆ペン」を使用

 

 毛筆や筆ペンで、薄墨で書きます

 

 万年筆やボールペン、フェルトペンなどは避けましょう

 

 

「冠婚葬祭 マナーの便利帖」より

 




「関連ページ」

【香典のマナー】金額や袋の書き方を解説
【香典の袋の種類】書き方や水引きを解説
【お香典の書き方】中袋の金額や名前を解説
【香典の金額の書き方】千円や一万円を解説
【香典の郵送】タイミングや一筆箋の文例


葬式のマナー.comの引用について 「引用の際のお願いについて」

☆当サイトを引用する際は、引用元を明記し、必ずリンクを張るようにしてください

【サイト名】葬式のマナー.com
【URL】https://www.sousiki-manner.com/


葬式のマナー.com | 恥ずかしくない葬式のマナーを解説

葬式のマナー.comのトップページへ



 サイトマップ  

Copyright©2016 葬式のマナー.com All Rights Reserved.